土壌改良・樹勢回復で30年《天然有機肥料バイオゴールド》株式会社タクト

お電話でのお問い合わせ 0276-40-1112
ホーム>バイオゴールドとは>バイオゴールド・クオリティ>クラフトマンシップ

■バイオゴールドとは

■バイオゴールド・クオリティ

 >こだわりの原材料

 >クラフトマンシップ

 >研究・開発

 >バイオゴールドと環境

 >バイオゴールドのサポート

 >安全性に関する取り組み



■有機肥料による
栽培をはじめる前の大切なお話

 

 
完璧主義が生んだ卓越した技術
バイオゴールド製品は、独自性の高さから全工程を機械化することはできず人の手に頼らざる得ない部分が多くあります。しかしながら、開発者・職人・エンジニアが連携し長年の試行錯誤をくり返し、"技"と"機械"を融合させ、安定した品質の製品を供給に務めています。人の手と時間にしか生み出せない品質は妥協なくとことん伝統を守る製法をつづけ、機械ができる部分は機械化の開発をすることで量産体制を整えています。
クラフトマンシップ 〜品質の要 職人の五感〜
バイオゴールド製品は、バイオゴールドのクラフトマンシップに基づき大部分をハンドメイド製法で生産しています。
職人の眼光
天然素材は、天候や気温や湿度などの影響を受けやすくとても繊細。素材の色や形状、発行の際の音やかおり、仕上がりの手触りなど、機械では計れない微妙な変化を読みとり、仕込みや熟成具合を確かめることが欠かせません。
時間の極み
ビンテージワインのように時間にしかつくり出せない極みがあります。バイオゴールドの品質を守るためには、素材熟成のために時間を惜しみなく贅沢につかうことが欠かせません。また、ただ単に時間をかければ良いのではなく、その素材の変化を読みとりベストなタイミングで生産の工程をすすめていくことが重要なポイントです。職人たちは静かに流れる時間のなかで、いつくるかわからないその瞬間を忍耐強く見守っています。
厳重な品質管理
各工程ごとに、職人による厳しい品質チェックが行われます。パッケージング直前の最終工程においても、丹念な手作業でそのチェックは行われています。