土壌改良・樹勢回復で30年《天然有機肥料バイオゴールド》株式会社タクト

お電話でのお問い合わせ 0276-40-1112

バイオゴールドの土ストレスゼロ

肥料の効果を最大限に引き出し、植物に最良の生育をもたらす本物の土。

パッケージ容量について

容量/ 価格 5L
1,150円+税
15L
2,300円+税
5号鉢 約4鉢分* 約14鉢分*
8号鉢 約1鉢分* 約3鉢分*
10号鉢 約1.5鉢分*
60cmプランター 約1個分*
  *上記の容量目安は鉢の形状によって異なりますのでご注意ください
適用 土で育てるすべての植物 地植えを含む6号鉢以上の鉢を推奨しています
※らんは除く
原材料 国産天然材料100%
天然多孔石・硬質赤玉土・数種の特性の異なる土・超硬質多孔白土・バイオゴールドの炭
製法 ナチュラルブレンド製法

こんな場合におすすめ

  • バイオゴールドの肥料を使用されている方
  • 屋上やベランダなど暑さ・蒸れ・乾燥が厳しい環境に
  • 清潔感のある土を使いたい方に
  • 大型コンテナで育てるときに
  • 長く育てる植物(樹木・バラなど)
  • 寄せ植え・ハンギング・花壇等、季節ごとに植物を植え替える場合
  • 室内の植物・観葉植物・キッチンガーデンに
  • お庭の土が粘土質や砂質などでお困りの場合に
  • パパッと植え替えを済ませたいと思っている方に

特 徴

肥料効果を最大限に発揮

天然有機肥料・活性液をつくりつづけてきたバイオゴールドだからこそできる肥料効果を最大限に引き出し、植物に最良の生育をもたらす本物の土です。バイオゴールドには、「バイオゴールドの土ストレスゼロ」のほか、「バイオゴールドの土」、「薔薇の土」があります。 どの土にも共通していることが、国産天然材料100%、保肥力・空気持ち・水はけに優れ、くり返し何度でもお使いいただけることです。

"現代"植物とくらす

激しさを増す異常気象、植物が生きづらい住宅事情、人々のラフスタイルや価値観の変化、環境問題など、植物とのくらしを取り巻く環境は現代とひと昔前とでは様子が変わってきています。植物の生育を大きく左右する"土"だからこそ、こうした時代の変化にあわせて、昔ながらの土では足りないものをデザイン。その結果、現代にぴったりな「バイオゴールドの土ストレスゼロ」の土になりました。

清潔感も、美しさも、手触りも、今までにない心地良さ

ひとつひとつの素材力(水もち・空気もち・水質浄化機能など) を高めることにより、従来の土に必要不可欠だった朽ちゆく素材(腐植物)を配合しなくても、植物を育てるための用土として今まで以上のメリットをもった土になりました。その利点のひとつが、シンプルモダンがもたらすこの美しさ。植物のある空間を明るく見せる色味や清潔感が、個性的でデザイン性豊かな庭づくりもサポートします。

空気たっぷり厳選材料で根が生き生き・水質浄化作用で根腐れ卒業

新鮮な空気を極微な穴にたっぷり保持する多孔質素材の土。先進の空調が整う部屋のように、鉢内をいつまでもクリーンに保ちます。また、汚れや雑菌を分解する天然微生物が棲みやすい土なので、濾過機能にもすぐれ不要な水をしっかり排出し、新鮮な水を根に供給します。つまり、土が、植物・環境にあわせます。例えば、根腐れを起こしがちな大型コンテナも、暑さ・蒸れ・乾燥などの影響を受けやすい屋上やベランダなども、土内環境を爽やかに保つので、植物が生き生きと育ちます。

"ずっとらく"・泥まみれの時代はもう終わり

使った方だけがわかる手馴染みの良さ。植え付け・植え替え・草抜きが驚くほどスムース。今までわずらわしかった作業も爽快に。また、泥っぽさを感じさせない美しさと清潔感があふれ、従来の土のように手や衣類、作業空間がひどく汚れることもなく快適です。

鉢植えでも花壇でもずっと使える

土の粒が崩れにくい超硬質素材が主体。分解されてなくなる素材を含まず、パッケージ開封時の品質を長期維持します。

バイオゴールドだからこそできる団粒構造設計

天然素材はとてもデリケート。だから、非効率ではあるけれど大量生産ではなく、人の目が行きわたる少ない量で生産をしています。優しくていねいに混ぜ合わせているので、土の粒がつぶれず、自然がつくり出した精巧な土の形状を維持することができます。こうした生産方法が、根に新鮮な空気と水を供給する団粒構造設計の土を実現させています。

何度でもくり返し使える大地からの借りもの

限られた天然資源である国内産の本物の土を使用しています。言わば大地からの借りものです。化学肥料ではなくバイオゴールドの肥料とあわせてお使いいただいていれば、土が固くなることなく、捨てずに何度でもくり返し植物を育てることができます。

使用方法

鉢植えの場合も、地植えの場合も、クラシック元肥を土に入れてください。

基本は植え穴の底に元肥を入れます。土の表面から離して施すことで、土の表面にカビが現れることを軽減したり、有機物を好むコバエなどのムシを寄りつきにくくします。カビが現れたりコバエが飛来したりするのが気にならない場合は、土全体に元肥を混ぜる方法でもO K です。

元肥の量は植物の種類や大きさによって異なります。クラシック元肥のページでご確認ください。>>クラシック元肥

植えつけ後は、すぐに水をたっぷりと与えてください。(土の湿潤が極めて少ない状態でパッキングされています。根の乾燥防止のため、植え付けが完了したら素速く水やりをおこなってください。あたえる水の量は、鉢底から土色の水が流れ出なくなるまでが目安です。)

【庭・花壇の土質改善に使う場合】
まず、ものとの土をできるだけ多く取りのぞきます。その際には、粘土のかたまりや砂を残さないようにするのがポイントです。次に、取り除いたところにクラシック元肥を混ぜた新しい土を入れます。やむを得ず、もとの土が残る場合、その土と新しい土を混ぜ合わせてお使いください。その際は最低限3割は新しい土になるようにします。新しい土に入れ替える量が多いほど効果が高まります。


「バイオゴールドの土ストレスゼロ」生育の仕方の特徴


【ファーストステージはゆるやか。本領発揮はセカンドステージから】
腐植物を含む土に比べると初期生育はゆるやかですが、植えつけ後、植物の根が安定し出すと、生育に拍車がかかり、以後の育ち方は一般的な培養土をはるかに上回ります。初期生育を早めたい場合は、「クラシック元肥」を使用量目安の1.5倍程度と多めにお使いください。

【ぐんぐん根が張り、ぐんぐん水を吸い上げて、ぐんぐん育つ。】
土内環境が大変良く、養水分を活発に吸い上げる活性の高い根が、一般の土よりはるかにたくさん張ります。そのため地上部(枝葉)もぐんぐん生育します。(生長にともない土の乾きが速く感じるのは、生育が著しく良い証拠です。)

使い方のポイント

くり返し使える土の特性をいかすためにも、他の培養土は混ぜないでください。 また、土の有効菌を育てるためにもできるだけ化学肥料はお控えください。肥料分は含みませんので、生長させるために元肥・追肥をご利用ください。

土のメンテナンス方法 〈鉢・コンテナ・プランターなどの場合〉

植え替え時などにおこないます
〈1〉乾燥させ古い根などを取り除く(2)ふるいにかけ微塵(みじん)を取り除く(3)適量のクラシック元肥を混ぜる。

土のメンテナンス方法 〈庭・花壇の場合〉

植物を植えるとき、または1年に1回程度、適量のクラシック元肥を追加してください。

開封後の保管方法について

直射日光・高温多湿を避け涼しい所に保管してください。 幼児・子供の手の届く所やペットのそばに置かないようにして下さい。空き袋は窒息の危険がともないますのでご注意ください。

その他

天然素材の性質上、色や形にばらつきがあります。また土の中や表面に有効菌が現れ、白くなることやカビのように見えるものが現れる場合がありますが、品質に問題はありません。

関連製品